スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家再生塾第一回イベント「解体」

和良町古民家再生塾 第一回イベント「解体/開校式」が行われました。


参加者の皆様、和良町へようこそ。

2013828IMG_4524.jpg

道の駅に集合の後、現地の古民家へ移動。
すでに畳や襖を取り外した状態です。

2013828IMG_4501.jpg

さて始めましょう!
まずは天井から。
バールを片手に恐る恐る天井を、、、、。

2013828IMG_4531.jpg

ドカ〜ン!
皆様慣れてきたようで、すでにこんな感じです。

2013828IMG_4536.jpg

扇風機でホコリを飛ばしながらの作業。

2013828IMG_4544.jpg

天井の黒い梁が見えて来ました。

2013828IMG_4537.jpg

こちらは壁のベニヤをはがす作業。

2013828IMG_4555.jpg

お隣の部屋では、押し入れを解体しています。

2013828IMG_4565.jpg

天井のすき間から屋根裏がチラリ。

2013828IMG_4566.jpg

10時の休憩とお昼休みをとって壁天井と壁の切りが付いて来ました。

2013828IMG_4572.jpg
2013828IMG_4570.jpg

さてもうヒトガンバリ、床をめくります。

2013828IMG_4542.jpg

床下の骨組みも見えて来ました。
よく見るとホゾの跡がある床の渡し木。
リサイクルされた木材のようで、江戸の頃の木材やな〜との事。

2013828IMG_4576.jpg

ここで問題発生?
いろり跡横のこの大木を取り払う事に、、、、

2013828IMG_4590.jpg

なんとかホゾを外して、男4人で移動。

2013828IMG_4595.jpg

床下から出て来た長い棒も作業の邪魔なので取り出します。
これは稲を干す「はさがけ」に使っていたようです。

2013828IMG_4601.jpg

玄関横あたりから謎の穴が、、、。
これは昔の貯蔵庫のようです。

2013828IMG_4611.jpg

なんとか予定時刻までに作業終了。
約10人がかりで午前9:30から夕方16時までかかりました。
最後はノンアルコールビールと軽い食事でカンパーイ。

2013828IMG_4627.jpg

こうして無事に終了した古民家再生塾第一回目。
中日新聞も取材に来てくれました。
参加者の皆様、中日新聞の記者の方ありがとう御座いました。

2013828IMG_4649.jpg

古民家再生塾募集開始 !

和良町古民家再生塾の応募を開始いたします!

全6回にわたり古民家を再生体験!

取り壊しから囲炉裏作りまで、

内装ってどうやってやるんだろう、、、

自分で出来ないかな〜?

っと思っている方いかがですか?

1回だけの参加もOK!

ご興味ある方は、裏面の募集要項をご覧下さい。

チラシ表面はこちら。チラシ裏面はこちら。

2013729.jpg


本漆(ホンウルシ)をもらった。

蔵をこわしている住民の方から連絡をもらった。

『お〜い、蔵から漆の器出て来たけどいるか?』

『まじっすか? 古民家のおもてなしに使いたいので下さい。』

『ええよ〜』

っと言う事で、木枠入りの器達とご対面です。どんな物でしょうか?

IMG_0774_2.jpg

昭和武年? 2年? 五人前は読めますよ。

IMG_0776_2.jpg

新聞に包んである角皿のようです。

IMG_0785.jpg

新聞は昭和33年の物です。

古い新聞見るの楽しいですよね。

ち”ーゼルですし。グレーを表すドットが荒過ぎですし、棒グラフずれてるデザインですね。ケンタッキー人?。

IMG_0780_2.jpg

裏に『寿』の文字。 結婚式のお膳に使うものですね。

本うるしと聞きましたが、素人の僕では判断つきません。

早く奇麗に掃除してやって、80年前の器達がもう一度活躍する日々が楽しみ。

田んぼオーナー制度や古民家再生の食事会の時に使いたいと思います。

もったいない?

IMG_0781_2.jpg

おまけで付いて来た、囲炉裏の金具??

古民家再生の前に中へ入る

2012より始まる古民家再生プロジェクト。

いきなり2軒いじるかもしれないという無謀なスタートの和良おこし協議会です。


そのうちの一軒でまずは会議をしてみようという事で、

2部屋ほど寝転がれる状態まで掃除をして来ました。

IMG_0590.jpg

持ち主の通称ハザコおじさんも一緒に作業。

「これだけはやっとかなあかん。」

「奥のこれ。どぶてぉえ 栗の木かこれ? そんで保ったんか」

っと腐った床板の近くの隠れていた囲炉裏?の跡を解体しながらのハザコおじさん。

もらって来た畳を交換している時に見つけたのか。

いろいろ話を聞いていると、どうやらこの家は150年程経っているかもしれないらしく、

ハザコおじさんの友人のおじいちゃんのおじいいちゃんが

いる頃にはもうあったという話で、ハザコおじさんは75歳で

その友人のおじいちゃんが+40歳で115歳として

そのおじいちゃんという事は+40歳で155歳という事なのでしょうか、、、、

定かではありません。あまり詳しく考えないようにしています。

IMG_0597.jpg

水も電気もまだ通っていないので、すぐ裏の湧き水水路から組んで来て窓拭きや蜘蛛の巣取り。

神棚のお札の裏からはカメムシ。

床下から狸の寝床。。


この家、どうやら色々とリフォームされているらしく、天井裏の太い木材を隠してしまっている様子。

IMG_0602.jpg

隣の部屋からも何故か2つ並ぶ囲炉裏が出土。

IMG_0591.jpg

こうして写真を撮り忘れた奇麗になった2部屋の掃除は終わり、

古民家改装イベントのスタッフ会議を待つばかりとなりました。

イベントの募集/告知は、近々アップします。

IMG_0601.jpg

















ワイワイやりながら古民家いじる

2012年より古民家の再生プロジェクトを開催します。

みんなでワイワイやりながら古民家を試しにいじってみる感じ。

勉強とコミュニティ再生が混じったイベントになって行くでしょう。

講師は、地元の大工さんや古民家鑑定士。

楽しみです。

古民家再生パンフ

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。